親バレせずに学生がキャッシングを利用するポイント

アルバイトで本人の収入がある人なら、学生でもキャッシングの利用は可能です。学生という身分とアルバイトの年収の兼ね合いであまりたくさんのお金は借りられないかもしれませんが、ちょっと交際費が足りない時等にキャッシングに申し込みをし、あっさり融資を受けることは不可能ではないのです。

 

しかし、学生がキャッシングする上で気になるのが親バレです。親に内緒でお金を借りたいと考える学生はとても多いものです。キャッシングの利用には様々な連絡が電話や郵送で行われるというイメージも強く、学生がキャッシングを利用する際に最も懸念される部分となっています。ですが、正しく利用している分には、親にバレる恐れはそれほどないと言って良いでしょう。

 

一人暮らしをしている学生なら、電話や郵便物が原因で親にキャッシングがバレる心配はほとんどありません。電話も郵便物も学生自身が暮らす自宅に来るものなので、親が一緒に住んでいなければ問題ないのです。しかし、実家で親と同居している学生の場合は、親バレを防ぐ為に気を付けたい点も出て来ます。

 

郵便物が原因で親バレをする可能性

親が同居の学生の場合、キャッシング会社からの郵便物が原因で親バレをする可能性は否定できません。キャッシング会社からの郵便物は親展扱いになっているのが一般的ですが、度々「親展」の郵便物が届いた場合、親も不審に感じてしまう恐れがあります。そこで中身を確認する為に郵便物を開封されてしまったら、親バレは避けられません。

 

キャッシング会社からの郵便物の中には、金利引き下げの案内や増額のお誘い等が含まれているケースも少なくありません。つまり、決して滞納していなくても、優良顧客であるが故に送られて来る郵便物も存在するというわけです。親と同居している学生は、こうしたダイレクトメールの郵送を行わないようにキャッシング会社に伝えておき、郵便物による親バレを防ぐようにしましょう。

 

また、ダイレクトメール以外で注意したいのが契約書や明細書等の郵送です。キャッシング会社によっては契約書や明細書を郵送するシステムを取っている場合もあるので、親バレしたくない学生はこの部分に着目することをお勧めします。

 

最近の大手キャッシング会社では、契約書や明細を郵送しないところも増えています。インターネットだけで契約手続きや明細の確認が出来るようになっている会社も多く、来店も郵送も一切なしでキャッシングを利用することも不可能ではなくなっているのです。中小キャッシング会社は来店や郵便物が避けられない場合もありますが、大手ならキャッシング用のローンカードも自動契約機で受け取ることが出来るので、親バレを避けるなら大手キャッシング会社の利用が無難でしょう。

 

申し込み方法にも注意を払う必要がある

親と同居している場合は、申し込み方法にも少し注意を払う必要があります。現在はほとんどのキャッシングでインターネットからの申し込みが可能になっており、パソコンやスマホなどから手軽に新規申し込みを行う事が出来ます。しかし、家族共用のパソコンから申し込みをしてしまうと、キャッシング会社のホームページや申し込みフォームを利用した履歴がブラウザに残されてしまう恐れがあります。

 

親バレを徹底的に防ぐ為には、個人のスマホからの申し込みが最も確実です。スマホ自体にロックを掛けておけば家族にメール内容や着信履歴などを見られることもないので、キャッシング会社からの連絡先をスマホの番号とアドレスにしていても安心です。スマホからなら外出先でも手軽にキャッシングの申し込みが可能なので、急遽お金が必要になった学生にとっても、とても頼れる手段だと言えるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日