審査を申請するときに気をつけておきたいこと。

キャッシング会社から融資を受けるときはどのキャッシング会社を選ぶのかが大切になってきます。そして正直に申請フォームに記入する事が肝心です。なぜならもし嘘をつたとしてもキャッシング会社は調べれば、それが嘘か本当かを見極めることが出来るからです。

 

まずキャッシング会社に融資を申請するときに審査がありますが、どんなことを審査しているのでしょうか?また審査してその審査が通るかどうかはどんな基準によって決まっているのでしょうか?だれでも審査を受けた人なら通ってほしいと願っていますので、もし落とされたらどうしようと結果が出るまでドキドキしながら待つものです。そのドキドキは審査の基準がいまいち分からないからではないでしょうか?それでここでキャッシングの審査は主にどんなところを見ているのかを考えていきたいと思います。

 

まず一番大切なのが「嘘の申告をしない」ということです。実はキャッシング審査のときに嘘の申告をしてしまった人が落とされてしまっているからです。たとえば過去の返済において遅れや滞納があるにもかかわらず審査の印象を良くしようとして「ない」と嘘をついてしまったらその嘘はキャッシング会社にばれてしまうのです。

 

逆に考えるなら、もし過去の融資の返済で遅れが滞納がなく、正直にすべてを書くなら、高い確率で審査をパスすることが出来るということです。また今現在の借り入れ金額を申告するときも正直に書くなら、自分の経済状況をきちんと把握している人として認識されて良い評価を得ることが出来るでしょう。

 

私達がどのように申請フォームに記入するにしろ、キャッシング会社は私達の借り入れ状況を良く知っています。つまり言い換えるなら、キャッシング申請のときに見られていることは、この人はどれだけ正直に書く信頼できる人かどうかということです。

 

審査の合否をチェック!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

どこからお金を借りるかをよく考えよう

キャッシング会社の審査を通るためのポイントはどのキャッシング会社に融資をお願いするかということです。なぜならキャッシング会社によって融資の条件は一つ一つ異なっており、自分のニーズ、そして自分が希望する融資をどの会社が受け入れてくれるかを事前に調査する必要があります。

 

また今では「ネットで即日」とか「電話審査不要」というようにキャッシングの審査が少し甘いところもありますが、そのような業者でまず融資を受けることを考えるのも一つの手でしょう。また最初のの申請時に融資の限度額を低めに申告しておいて、信頼を得てから融資の額を上げていくこともできます。

 

そうするなら審査を通る確率は格段に上がりますし、最終的に自分の希望する金額を借り入れることが出来るでしょう。このような方法は大手銀行が経営しているキャッシング会社のほうが柔軟に対応してくださるでしょう。とにかくいえるのは、申告するときに嘘ではなく正しいことを書くこと、自分にあったクレジット会社を選ぶことが大切になってきます。この二つを抑えておけば、次回からの審査通過の知らせがくるまでの時間を不安なく過ごせるはずです。

 

  • 嘘は書かずに正直に記入しましょう。
  • 滞納や、事故が今までなければほとんどのクレジット会社の審査は通ります。
  • 最初の限度額は低めに競ってしてから徐々に引き上げていきましょう。

 

まとめ

審査の申請は正直に書くのが一番の近道です。そして最初の融資の限度額は必要最小限で申告し、その後に自分の希望額まで引き上げて行くの最善でしょう。そうするならまず借り入れをすることができますし、そこから交渉を始めることが出来るからです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日