ブラックリストに載っても、一生ものではない

多くの人が借金で苦しんでいます。特に、自分の収入では返済が全く追いつかない、という人も中にはいることでしょう。その場合、借金を自力で返済するのは諦めてしまった方が身のためです。すぐにでも、債務整理の手続きを行った方がよいでしょう。しないのであれば、どうしてお金を工面しますか?別のキャッシング業者に借り入れしてしまいますか?しかし、それでは借金の泥沼にはまって行くだけに過ぎません。

 

いつまでも借金を繰り返し、自転車操業をしていても、破たんする以外の未来はありません。多重責務は酷くなれば、審査が厳しくなり、大手のキャッシング業者は貸し出しを断るようになります。残るのはヤミ金だけ。そこに手を出してしまえば、もう自分で解決することはできなくなってしまいます。

 

そうなってしまう前に、自分で借金返済が不可能だと感じれば、すぐにでも弁護士や司法書士に相談して、債務整理を行い、自分にできる返済を始めた方が何倍もいいに決まっています。

 

ブラックリストは避けられない

債務整理は債務者が追い詰められないための国が認めた救済処置で、最後の手段です。徳政令はメリットではありますが、当然ながら、デメリットを追わなければなりません。世の中はそんなに甘くないのです。そのうちのデメリットで、留意しておくべき点は、信用情報にブラックリストとして記載されてしまうことでしょう。

 

ブラックリストに載ると、暫くの間借金できなくなります。キャッシュカード、クレジット、ローンなど現金以外の決済はまず不可能になるわけです。債務整理は国が認めた制度ではありますが、正しい手段かと言われれば、そうではないでしょう。

 

国の力を利用し、合法的に借金の踏み倒しをしているだけなのですから、きちんと返済している人からすれば、卑怯な手段に思われるでしょう。融資側にとっても損害はあります。それなのに、肝心の負債者がなんのペナルティも無し、というのは考えられないでしょう。

 

ブラックリストからは解放される!!

債務整理後は、ブラックリストに載り、キャッシング、クレジットカードなどのサービスは不可能になります。しかし、その状態がいつまでも続くというわけではありません。一定の期間が過ぎれば、ブラックリストは抹消されることになっているのです。そうすれば、これまで利用できなかったサービスも利用可能になるのですが、解放されるための期間は明確には公表されていません。よく5年間はブラックリストから抹消されないと言われています。

 

債務整理の手段は主に3つあります。任意整理、個人再生、自己破産、この3つでえす。任意整理と個人再生は、返済計画を再編成し、無理のない返済を可能にする方法で、自己破産は生活最低限度の財産は残し、残っている責務をゼロにしてしまう方法です。任意整理は責務生理後の返済が完了してから5年後にブラックリストから解放、個人再生は裁判所における免責が確定してから5年後、となっています。

 

しかし、きっかり5年経てば借り入れが可能になるわけではありません。ブラックリストから抹消されるまでは、多少のタイムラグが発生したり、自分がいつブラックリストから抹消されるかを明確に覚えている人も少ないので、いつから借り入れできるか分からない場合が多いようです。

 

債務整理後にキャッシングやクレジットカードの申し込みをするのであれば、信用情報を自分で確認することをお勧めします。各個人情報機関で、信用情報を確認することが可能です。正式な手続きさえすれば、自己情報が残っているかどうかも確認でき、申し込む前の確認が可能になります。

 

また、どうやってか、ヤミ金などの悪徳業者は、ブラックリストを閲覧するし、本人にダイレクトメールやチラシを出回し、「ブラックでも歓迎」と甘言を掛けてきます。当然、悪魔のささやきにしか過ぎませんので、絶対に利用しないよう、注意しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日