銀行と消費者金融の違いについて

私たちが利用している銀行ではお金を預けたり引き出したりする他に、お金を借りるキャッシングをする事が出来ます。キャッシングの利用には審査が必要で、個人の年収や勤務状況に応じて利用限度額が決まります。

 

審査に通ればその後は自分のキャッシュカードを使って窓口やATMでお金の借入・返済を行う事が出来るようになります。このようなキャッシングは銀行だけでなく、クレジットカード会社や消費者金融でも受けることが出来ます。

 

銀行のキャッシングのメリット、デメリットについて

 

メリット

 

銀行のカードローンは低金利

キャッシングを行っている会社を見ますと、多くは審査時間最短30分、最短即日融資、年率4.6〜18.0%をうたっています。消費者金融が最大利率18.0%と設定しているところが多い中、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などの超大手銀行では最大年利率14.6%となっています。

 

総量規制の対象外

総量規制とは借入の規制に関する法律で、専業主婦など収入がない人は借入ができずまた、借入金額も年収の1/3を超える借入はできません。銀行のカードローンはこの総量規制の対象外となるため、一般の消費者金融に比べて高額の融資を受けることが可能です。また、消費者金融で50万円以上借りる場合には収入証明書の提示が必要となりますが、銀行のローンの場合、家族に定期的な収入があれば個人では個人に収入がない専業主婦でも借入ができます。

 

初心者にオススメ

やはり自分がお金を預けている銀行の方が消費者金融よりも安心感がありますので、初めて利用する方にとっては心理的なハードルが低くなります。またATMも各地に多くありますので借入・返済も行いやすいです。

 

デメリット

 

審査に時間がかかる

銀行カードローンを利用する場合、銀行は審査を保証会社に委託しますので時間がかかるケースが多くなります。最近では最短即日など審査スピードも早くなっていますが、消費者金融の場合最短1時間で借りられるところが多いので急ぎの場合、消費者金融の方が便利です。

 

このように見ると、銀行系カードローンは他の消費者金融より低金利で高額の融資も受けられるなどメリットが大きく見えます。しかし消費者金融は申し込みから借入までのスピードが早いこと、また会社によっては無利息期間がありその間に返済をすれば利息を払わなくてよくなります。少額の借入で1か月以内など短期間で返済できる場合は銀行カードローンよりも返済額が低くなる場合があります。

 

まとめ

借り入れる金額や、本人の収入状況、家庭状況によってどのキャッシングを利用すればよいかは変わってきます。

 

急な用事で今すぐお金が必要という場合は消費者金融、ちょっと大きな買い物をしたいのでお金が必要という場合には銀行カードローンがよいでしょう。どちらにしろ返済計画を立てて無理な借入をしないことが大切です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日