少額キャッシングが即日融資への道を開きます

すぐにお金が必要な場合に助かるものの一つにキャッシングなどの即日融資があります。

 

即日融資を受けたいのならば、即日融資を行っている金融機機関を選択したうえで、審査で余計な時間が掛からないように、ホントに必要な金額で審査を受けるようにしましょう。

 

低めの融資金額にするべき理由とは?

キャッシングビジネスは利息を上乗せして返してもらうことで成り立つものですので、貸す金額が大きくなるとそれだけリスクヘッジのために用心をしなければいけません。ホントに返済できるか、信用できるかなど慎重に吟味することになるはずです。

 

まだ利用したことがないのに初めから50万円以上のキャッシングを申し込む場合や既に他の金融機関で借入しており、今回のキャッシングと合わせて100万円を超える場合には、原則収入証明書が必要となります。必要書類が多くなるとそれだけ用意するのに時間が掛かりますし、また書類を吟味するため審査する時間も長期化します。

 

それで融資が実行されたら良いのですけど、返済できるか疑義があると判断されたら融資は見送りとなってしまいます。返済能力は、年収だけで決まる訳ではありません。居住状況や家族構成、他社からの借入状況や以前返済が滞ったことが無いかなど様々な情報を各社のノウハウを総動員して吟味して結果を出すのです。

 

そして銀行以外の金融機関を利用する場合は、他社からの借入と合算して年収の3分1を超えてしまうと総量規制により融資は実行されません。おまとめローンなどのように総量規制の対象外のローンも当然ありますけど、原則年収の3分の1を超えては融資を受けられないということを忘れないようにしましょう。

 

話を総合すると、キャッシング額が大きくなるとそれだけ審査に余計時間が掛かり、キャッシング不可になる可能性が増大するということです。どうしても即日融資が必要ならば、他社のものと合わせて借入額が年収の3分の1を超えていないことを確認したうえで、今回の借入額が50万円以下(他社から借入がある場合は合わせて100万円以下)になるようにしてキャッシングの審査を受けましょう。

 

またアルバイトやパートの方は、一応用心のために10万円以下にするのが無難です。キャッシングの希望額が低い方がそれだけ審査の時間が短く、審査をパスしやすくなります。希望額が低くなると、金融機関側とすれば、「この人はそんなにお金を必要としていない」つまり貸してもちゃんと返済してくれるという印象を持ちやすくなります。

 

金融機関とすれば回収不能リスクが低くなるうえ、優良な顧客を獲得できるのですから。反対に希望額が高くなると、たとえ年収が高い人でも「どんなことにお金が必要なのか?」と貸す側が勘ぐってしまうこともしばしばあります。

 

お金の利用目的がマイカーの購入などハッキリしている場合は問題ありませんけど、利用目的欄に「生活費の補てん」とか「他の借金の返済」とか書かれていれば、返済できるのかと不安を感じてしまいます。そういう事態を避けるために、利用目的欄には「趣味に費やすため」など納得しやすい無難な目的を記入するようにしましょう。

 

必要書類が最小限度に

少額のキャッシングならば、運転免許証やパスポートなど、身分証明書のコピー・画像の提出だけで必要書類がOKな場合が多いです。その上審査も手軽で簡単なはずです。

 

さらに消費者金融大手ならば、できる限り信用できる相手にはたくさん融資したいと思っていますので、キャッシングの希望額が10万円でも「客様は審査の結果最高49万円までご利用できます」と向こうから収入証明書無しで融資できる最高金額を提示してくることがあります。

 

年度末など消費者金融側がノルマ達成に血眼になっているときは、たくさん融資してもらえる可能性が高くなります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日