限度額って何?

キャッシングサービスを利用する際に、借入可能な最大限の金額を【限度額】と呼びます。キャッシング利用する時には審査が必ずありますが、この人は〇円までの融資が可能という判断によって金額が決定します。

 

限度額は、融資を受ける人が過去のキャッシング利用でも遅れることなく完済していたり、クレジットカードや携帯電話会社への割賦金などの支払い状況も、融資をする際には判断材料となり、状況によっては融資出来る金額が異なります。

 

一定の収入があり尚且つ、収入が多い人でも他社での借入が完済していない場合には、高額な限度額にはなりません。さらに初めてのキャッシング利用でも多額の限度額での融資で審査通過する事もありません。限度額は利用をしていく中で、キャッシング会社が信頼できると判断されたときには、融資額が引き上げられる場合もあります。

 

キャッシング限度額を上げたい!どうしたらいい?

キャッシング会社での限度額の決定する元になっている情報は、以下の項目です。

 

勤務先

現在勤めている勤務先の情報によって、借り入れる人の収入、会社での在籍確認などが調べられます。無職なのに働いているという虚偽申告を行う利用者も中にはいます。そのため、本当に勤務実態があるのかどうかの在籍確認が行われるのです。

 

住居

利用者が現在住んでいる住所はとても重要な情報です。申告している住所に住んでいるかどうかはとても大切な情報です。偽装していないかどうかで、キャッシング会社との信頼にも影響します。

 

保険加入の有無、情報

国民健康保険の加入者よりも、社会保険の加入者が優遇されますが、社会保険のほうが一定の収入を得ているという判断ができるためです。個人の自営業者よりも企業勤めの会社員の方が、キャッシング会社利用では有利と言えます。

 

融資したお金の使途

借入をする際に、そのお金を使う目的についても確認があります。およそ広い範囲で目的を伝えれば問題はありませんが、借入目的がギャンブルなどは逸脱しているため、理由としてはふさわしくありません。必要な金額を伝えより正確に審査してもらうためにも、借入れたお金の使途は返す意志があると判断できるものにしましょう。

 

上記のような点に注意しながら、限度額の申告をすると申し込みから融資までスムーズに進みます。

 

まとめ

  • 初めての利用では高額な限度額は付与されない
  • 最大限の限度額で融資を受けたい場合には、照会情報を確認しておきましょう。
  • ギャンブルなどの返済が可能と判断できない使途は、好ましくありません。

初めてキャッシングを利用する人には、信用できるという判断材料がないため、高額な限度額での融資はほぼ行われません。その上で、自分自身が借りる最大限のお金を借りたいと思いがちですが、現在の状況に合った返済可能な限度額での利用に留める事が懸命です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日